MENU

卵胞の数を増やし質の良い卵子を育てる!

現在、日本では7組に1組のカップルが
不妊に悩んでいるといわれています。
不妊治療は、排卵日を予想してタイミングをとる
方法から始まり、その時に妊娠率を高めるために
排卵誘発剤の使用をすることが一般的です。

 

排卵誘発剤とは、排卵を促す薬で、

成熟した卵胞の数を増やし
質の良い卵子を育てることが目的です。
排卵誘発剤を使用することで、排卵率が70〜80%
妊娠率は20〜40%高まるというデータが出ています。

 

日本で多く使用されている排卵誘発剤は「クロミッド」です。
脳下垂体に働きかけ、卵胞の発育排卵に深く
関わりのある卵胞刺激ホルモン(FSH)
黄体刺激ホルモン(LH)分泌を促進し、卵子を成熟させ、
排卵がスムーズに行われる効果があります。

 

もともとクロミッドは、排卵障害、生理不順
無月経の治療として使用されていましたが、
最近では、正常な排卵がある女性にも、
タイミング法と併用することが一般的です。

 

また、体外受精や顕微授精の際にも、
卵子の数を増やすために使用されています。
クロミッドは、生理が始まった5日目から5日間続けて服用します。
卵巣を直接刺激するのではなく、卵胞を大きく育てて排卵を促すので、
比較的、身体に負担の少ない排卵誘発剤といえるでしょう。

 

造血・血流を促進して排卵をサポート!

妊活中の女性にとって「卵子」「排卵」
とても重要なポイントです。
不妊治療で使用される排卵誘発剤には、
飲み薬と注射の2種類があります。

 

「クロミッド」飲み薬タイプで、卵巣に直接刺激を

与えるのではなく、脳の視床下部に働きかけ
卵胞刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンの分泌を
促進し、卵胞を成熟させて排卵を起こさせます

 

クロミッド身体への負担が少ないので、
世界的にも、安全な薬として幅広く使用されています。
クロミッドのメリットは、次の通りです。

 

排卵数が増える
卵子の質が高まる
無排卵・生理不順の改善
性交渉のタイミングが合わせやすい

 

気になるデメリットは、頭痛、吐き気、倦怠感
多児妊娠、卵巣過剰刺激症候群などが挙げられています。
クロミッドと、排卵日を予測して性交渉を行うタイミング法で、
妊娠の成功率は20〜40%と高くなります

 

また、妊活中には「葉酸」を摂取している女性が
多く見られますが、クロミッドと併用することで
排卵を促進する効果が高まり、妊娠する確率が上がるといわれています。
葉酸は造血ビタミンと呼ばれ、血液を増やし、代謝と血流を良くして行きます。
その働きで、女性ホルモンが活性化され、卵巣機能も高まるのです。
つまり、クロミッドとの相乗効果が得られるということになります。

 

ストレスを緩和して排卵をサポート!

妊娠を望む健康な男女が、避妊をせずに
性交渉を行っているにも関わらず、1年以上
妊娠に至らなかった場合「不妊症」と診断されます。
近年、日本では7組に1組のカップルが
不妊に悩んでいるといわれています。

 

不妊治療には段階があり、まずは、排卵日を予測して

性交渉を行う「タイミング法」から始めて行きます。
しかし、なかなかタイミングが合わない状態が
続く場合には、排卵誘発剤を用いるのが一般的です。

 

排卵誘発剤は、もともとは排卵が起こらない
女性に使用されていましたが、妊娠の成功率を
高めるために、現在では正常に排卵が
行われている女性に対しても使用されています。

 

排卵誘発剤には、何種類かありますが、日本で
もっとも多く使用されているのが「クロミッド」です。
クロミッドは、卵巣で成熟する卵胞の数を増やし
質の良い卵子を育てて、排卵が促進されます。

 

妊活中の多くの女性が摂取している「葉酸」との併用は、
相乗効果があり、卵胞が成熟しやすくなります。
クロミッド本来の力以上を引き出し、
妊娠する確率が高くなると考えられています。

 

また、葉酸には、妊活中のストレスや不安を
緩和する作用もあるので、ホルモンのバランスが整い、
排卵周期が乱れるのを防いでくれます

 

排卵誘発剤クロミッドと相性の悪いサプリメントとは?

不妊治療は、まず、排卵日を予測して、医師の指導で
タイミングを合わせで性交渉を行うことから始めます。
病院で行う治療では、もっとも自然妊娠に近い方法ですが、
タイミング法でなかなか妊娠に至らない場合は、

受精率を高めるために排卵誘発剤
使用することがあります。

 

日本で多く使用されている排卵誘発剤は
「クロミッド」という飲み薬です。
クロミッドは、費用や身体への負担も比較的小さく、
副作用も少ないので、幅広く使用されています。

 

クロミッドは、排卵をコントロールしている
脳の視床下部に働きかけ、卵胞刺激ホルモン(FSH)
黄体刺激ホルモン(LH)分泌を促進します。
排卵数の数の増加、卵子の質を高める、排卵周期を
整える効果で、妊娠率が上がる期待ができます。

 

生理の3〜5日目から、1日1〜3錠を連続で5日間服用し、
服用後約7〜10日後に排卵が起こるとされ、
クロミッドを使用すると、排卵率は70〜80%に
上がるといわれています。

 

サプリメントとの飲み合わせが心配という女性は
多いのですが、クロミッド相性が悪い栄養素は、
クロミッドと似た働きのある「プラセンタ」といわれています。
身体に働きかける作用が同じなので、子宮の負担になると考えられています。
クロミッドと併用して相乗効果を高めるなら「葉酸」を摂取しましょう。

 

クロミッドと葉酸の相乗効果とは?

女性不妊の主な原因は、卵子の生成率の低下
排卵障害、ホルモン分泌異常、着床障害などが挙げられます。
近年では、日本人の7組に1組のカップルが
不妊症に悩んでいるといわれていますが、
世界保健機関(WHO)の調査では、半数近くが
男性に原因があることも明らかになっています。

 

不妊治療は、排卵日を予測して、医師の指導で

性交渉を行う「タイミング法」から始めて行きますが、
最近は「排卵誘発剤」を併用して、妊娠する確率を
上げるのが一般的になってきました。

 

排卵誘発剤とは、卵胞の発育を促進する薬です。
日本では「クロミッド」が多く使用されています。
クロミッドは、脳に「エストロゲンが不足している」と
勘違いさせ、エストロゲンの分泌を増加させます。
脳の下垂体から卵胞刺激ホルモンと
黄体形成ホルモンが分泌され、
卵胞が成熟して排卵が起こるよう促します

 

妊活中の女性の多くは「葉酸」を摂取していますが、
クロミッドと併用すると相乗効果が期待できます。
葉酸は、卵胞を発育させる効果があり、
クロミッドと同じ作用なので、排卵が促進され
妊娠する確率が高まるといわれています。
飲み合わせを心配されている女性も多いようですが、
葉酸は栄養素なので全く問題はありません。

 

排卵のチャンスを最大に活かすため着床環境を整えよう!

排卵誘発剤「クロミッド」とは、不妊治療で、
自力での卵胞の成長が難しい人に使用される薬です。
もともとは、排卵が起こらない排卵障害の治療
使用されていましたが、近年では、排卵日を予測して
性交渉を行う「タイミング法」と併用して使用するのが

一般的になってきました。クロミッド約70〜80%の
高い確率で排卵が起こるといわれています。

 

そこで大切なのが、着床環境をしっかり整えておくことです。
せっかく排卵して、受精したとしても、着床しなければ
妊娠には至りません。着床しやすい身体づくりは、
妊娠力を高めることにつながります。

 

着床時期は、個人差はありますが、排卵から
7日目頃といわれています。着床しやすくなるためには、
まずは生活習慣を見直し、健康的であることが一番です。

 

葉酸サプリを併用すると、子宮内膜(胎盤)を
ふかふかにしてくれるので、着床が継続しやすくなります
また、身体を温めて、血液循環を良くすることが大切です。
卵巣や子宮は冷えに弱いので、特に下半身が
冷えないように注意しましょう。

 

また、ストレス、運動不足、睡眠不足は、自律神経や
ホルモンバランスが乱れてしまいます。
栄養バランスの良い食事を意識し、
日頃から規則正しい生活を心掛けて行きましょう。